HOMEアプリマーケット現在位置とKMLファイルをGoogle Map上に表示させるアプリ

現在位置とKMLファイルをGoogle Map上に表示させるアプリ

いいね! 1
作成手順

Step 1) csvファイルのkmlファイルへの変換
 基本的には,Webサービスを利用して,csvファイルをkmlファイルに変換します。ただし,緯度経度のないデータについては,ここで緯度経度をつける必要があります。 ツールにより,やり方は様々ですが, Googleマップ KML/CSV相互変換 (http://tool.stabucky.com/gmap_kml2csv.htm) を用いる場合,
ダウンロードしたcsvファイルを「整理番号,場所の名前,説明,経度,緯度,標高」 の順に変更します。(整理番号は必須ですが,値は任意)

 上のテキストボックスのうち右のテキストボックスに貼り付け, 「CSVからKMLに」をクリックします。 左のテキストボックスにKMLが表示され,テキストエディタ等に貼り付け,「.kml」として保存。

 その他にも,CSVテキスト(タブ区切り)からKMLファイルを作成します等のサービスもあります。
http://locationsmart.org/tool/csv2kml.php

Step 2) kmlファイルの読み込み
 作成されたkmlファイルを地図上で確認するため, Googleマップを利用します。 Googleアカウントでログインし,マイマップ-新しい地図を作成をクリックし, インポートをクリック。 KMLを指定し,アップロードをクリック。 (Google Earthでも容易にkmlファイルを読み込み,中身を確認することができます。)

Step 3) kmlを利用したWebアプリケーション
 Google Maps JavaScript API v3 (https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/examples/) にあるサンプルコードを参考にして作成すればよい。(特にここでは,kmlファイルはGoogle Driveにおき,ファイルを読み込んでいます。)
またGeolocation機能 (https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/examples/map-geolocation?hl=ja)
を追加させることにより, 現在位置を特定することができる。 (ブラウザの設定に注意)

HTML

index.html

CSS

JavaScript

サンプルデータ

関連データセット

関連アイデア

アプリ作成者
徳島県 政策創造部 統計データ課
実行回数
ライセンス
MIT
更新日時
2017年11月24日 22時51分