HOMEデータカタログ南海トラフ巨大地震による建物被害【徳島県想定】(SHP)

南海トラフ巨大地震による建物被害【徳島県想定】(SHP)

いいね! 0
◯建物被害は、罹災証明に基づいた自治体判定基準である全壊棟数、半壊棟数を定量的に想定しています。
◯「揺れによる被害」、「急傾斜地崩壊による被害」、「津波による被害」は、全壊棟数と半壊棟数を想定しています。
◯「液状化による被害」は、全壊、大規模半壊、半壊棟数を想定しています。
◯「地震火災による被害」は、焼失(全壊)棟数を想定しています。
◯本想定では、被害要因の重複を避けるため、「揺れ → 液状化 → 急傾斜地崩壊 → 津波 → 地震火災」の順番で、被害の要因を割り当てています。

https://anshin.pref.tokushima.jp/docs/2013071900016/

リソース

リソース

年代別・主体構造別棟数等.zip (ZIP 7.51MB)
建物被害(全壊・延焼、半壊).zip (ZIP 3.98MB)
急傾斜地崩壊による建物被害(全壊、半壊).zip (ZIP 3.43MB)
揺れによる建物被害(全壊、半壊).zip (ZIP 4.14MB)
津波による建物被害(全壊、半壊).zip (ZIP 3.39MB)
液状化による建物被害(全壊、半壊).zip (ZIP 3.27MB)
火災による建物被害(延焼).zip (ZIP 3.33MB)
データ作成者
徳島県 危機管理環境部 とくしまゼロ作戦課
合計ダウンロード数
167回
更新日時
2020年1月30日 14時42分

関連アプリ

関連アプリ

関連アイデア

関連アイデア